Read Article

婚活協会は『住みたい街で“結婚+地方移住” ができる!』を当たり前にします。

― 移住希望者と地方在住者をマッチングする新しい結婚支援策 ―

公共型の結婚支援サービスを行っている一般社団法人日本婚活支援協会(所在地:東京都港区、代表理事:後藤 幸喜)は、コロナ禍で高まった若者の移住と結婚への関心を、実際に移住先と結婚相手を紹介する取組み「移住婚」を通して、住みたい街で“結婚+地方移住” が同時にかなえられるよう自治体との提携を進めます。

■移住・定住促進事業と結婚支援事業を同時にサポート
新型コロナウイルスの感染拡大を契機に地方移住への関心が高まっています。「移住婚」は若者の地方移住への関心の受け皿となり、自治体で行われている結婚支援の枠を超えて、移住しても結婚できるか不安といった独身者の悩みを解消し、全国の地方の「人口減少などの課題解決」に寄与することを目的としています。

■受入れ自治体、全国より募集中!
都市部で結婚を希望している独身者に結婚相手と移住先を同時にお世話するこのシステムは、結婚支援から移住・定住促進、観光PRを兼ねます。昨年8月からの本格スタート以降、岐阜県内の自治体ではこれまでに北海道から九州まで70名以上の応募が届いています。(男女比:女性9対男性1)

■「移住婚」の概要
・対象者:結婚を機に地方移住を希望したい独身者(男女)
・対象年齢:女性20歳~50歳/男性22歳~50歳
・登録費用:無料
※導入自治体(2021年3月現在)
岐阜県高山市、飛騨市、下呂市、白川村

・「移住婚」詳細はこちら
https://konkatu.or.jp/ijukon2020/

・自治体向けプレスリリース
https://konkatu.or.jp/press_release2020-1029/

・移住希望者向けプレスリリース
https://konkatu.or.jp/press_release2020-0731/

「April Dream」は、4月1日に単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。


■一般社団法人日本婚活支援協会について

「本気で結婚したい!」と考えている独身者たちが安心してパートナーと知り合い、自分たちの家庭を持つことができる未来と次の世代のために、行政や自治体に代わり手作りな婚活イベント・お見合いパーティー・婚活セミナー等の結婚支援を行っている非営利団体です。

<主な活動>
・公共型のお見合いサービス「紹介婚」(2010年3月より)
・結婚相手と移住先を同時にサポート「移住婚」(2020年8月より)
・自治体、各団体向け「婚活イベント」プロデュース
・自治体、各団体向け「婚活セミナー」「親御さん向けセミナー」開催
・自治体担当者向け「効果的な結婚支援の方法」等の講演、講師派遣
・鎮座百年の節目の年に10年目&10周年を記念「独婚祭2020 in 明治神宮」
・独身後継者に結婚を後押し「跡継婚」(2021年9月*予定)

> リリースの詳細はこちら

Return Top